パイルストッパァ
サイド製品見出し パイルセイバー パイルストッパァ ビッグ30 ウォーターバー ペーストHR パイルガード顆粒
製造元・販売会社 株式会社テクノパウダルトン 株式会社アークアジア 伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社 ヒロセ株式会社 株式会社立花マテリアル

パイルセイバーメニュ―タイトル

鋼管矢板止水材 顆粒状ベントナイト パイルストッパァ

継手部のモルタルは振動や揺れなどでクラックが入るとそこが水みちとなって漏水を起こします。
この漏水が工事の障害となる懸念が高い、また護岸工事など超長期にわたり地下水の移動、
吸出しの発生を防ぎたい…
そんな現場にはパイルストッパァの使用が向いています。

  • 基本構造 icon_sanakkuポリエステルメッシュ袋に顆粒状ベントナイトを充填した棒状
  • 規格寸法 icon_sanakku120mm(直径)×800mm(長さ)icon_sanakku 重さ(1本あたり)3,000g
  • 止水に関わる物性 icon_sanakku膨潤能力:10ml/2gr以上icon_sanakku耐水圧:490kPa以上icon_sanakku透水係数:1×10‐8m/sec以下

ビッグ30T57

パイルセイバーメニュ―タイトル

パイルセイバー作業工程

パイルセイバー効果

鋼管矢板の締め切り工事では、工事期間中、工事の後も確実な止水が求められます。 従来工法で排土・モルタル充填の後にモルタルにクラックが入り、漏水のトラブルが起きるケースがあります。製品を先行する継ぎ手部に充填すると、継ぎ手部の振動、揺れにも追随し、クラックがはいりません。 モルタルのクラック発生、漏水の発生をパイルストッパァが解決します。

パイルストッパァ効果

継手部で漏水が発生する場合の水みち(x→y)

先行する雌の継ぎ手部に充填されたパイルストッパァは、後行の雄の継ぎ手部で破られ、継ぎ手部の1,2室全体がベントナイトの止水壁になります。 ベントナイトは、地下水と反応してゲル化し、継ぎ手部を充満します。 背面から侵入する地下水は、図のxからyへの継ぎ手部全体のベントナイトの筒を通過できず、止水効果を長期にわたり発揮します。

パイルストッパァ効果2

資料・動画